ペンは剣よりも強し早期「療育」という視点の大切さ

家庭教師ココリスでは就学前のお子様の対応等につきましても相談を実施しております。今日の研究では、「医療」と「教育」の両面を取り入れた「療育」という視点での早期支援が成長に有効に機能することが示されております。3歳以前に発達の凸凹、得手不得手がわかる現在において、見守るという対応ではなくできるだけ早期の療育・視点を取り入れることを支援します。気になる方は、まずご連絡ください。

  • その他にも、お困りの際にはお気軽にご相談ください。