ココリスとは?

【ココリスのサポート】

カウンセラーがつくる心理・福祉的な学習支援・家庭教師ココリスは、勉強だけを教える教師ではなく、
その子に付き添って成長のサポートをしていく教師でもあり、ご家庭の専属カウンセラー、ソーシャルワーカーとなります。


将来の自立を意識させる教育をモットーに学校を休みがち、不登校、発達障害(凸凹)、非行傾向、高卒認定試験、高校を中退した子、勉強が苦手、学校の勉強についていけない、集団授業が苦手、勉強の内容を自分のペースで深く理解したい子など個性に合わせた学びが必要な子を主な対象として、カウンセラーが勉強に関わることで学習とメンタル両面でのサポート、および将来の自立を意識した学び・サポートを提供しております。
また、複数の教師が一人の子に関わることで、お子様の特徴を多面的に理解し、よりよい学びを提供すること、かつメンタルの面でのサポートを行います。同時に、こどもの成長・将来を見据えたコンサルティングも提供しております。


ココリスの教育理念は塾のような俗にいう、ただテストの点数をとらせるためだけの教育方法ではありません。特別支援教育 ・心理・福祉の考えをベースとした、個人の強み・やりがいをみつけ、自分なりに勉強およびさまざまな活動に取り組んでいくことを身につけるためのサポートをしていきます。その他ココリスでは、ソーシャルワークを介すことで家庭のみでのサポートにとどまらず、積極的に学校や地域、他機関との連携および仲介を図ることも可能です。
また、カウンセリングをベースに、個々の生活環境や特徴を把握し、それぞれのペース・状況に合わせた学びを提供することで、自信の向上、苦手分野の克服に力を注いでいきます。そして、最終的に学ぶことの楽しさを追求していきます。


【ココリスの支援体制】

ココリスの教育でもっとも重要となる視点は特別支援教育です。不登校・発達障害の子のみならず、すべての子にとって、一人一人の特性・個性に合わせたニーズを把握していくことで、その子にあった学びを提供していきます。


近年、不登校の子のなかには、発達障害をもつ子が多数いるということも判明してきました。彼らは環境の変化に対応することが苦手なため、いったん不登校に陥ってしまうと、その環境からなかなか抜け出せずに時間が経過してしまう傾向があります。そのため、ココリスでは、普段の慣れた場所で学習・登校支援を行っていきます。時間に関しても、適度な休憩を入れながら、個々のペースに合わせて進めていくなど常に配慮します。
中でも、もっとも重要なことは、こどもに安心感をあたえる関係性を構築していくことです。そのために、雑談もするし、一緒に遊びもしていきます。時間をかけてでも、焦らずゆっくり見守っていきましょう。そのためのサポートもしていきます。

  • ココリスでは、基本的に一人の生徒さんに対して一人の主となる先生(主に学習面)とサポート役の先生(心理・福祉の専門)でサポートしていきます。また、個別のニーズに合わせ各専門分野の先生を派遣することが可能です。
  • カウンセリングの枠では、心理/福祉の専門家による相談やカウンセリングはもちろん、認知行動療法をもちいた思考や行動、感情のパターンの理解、生活リズムの把握、応用行動分析(ABA)の視点をとりいれた心理療法、うまく社会生活していくためのトレーニング(SST:社会生活技能訓練)などを実施します。また、当事者およびご家族との交流の改善など関係性の構築を行っていきます。※カウンセリングという言葉に抵抗がある場合、ココリスでのカウンセリングは、協同して課題にとりくんでいくため、コーチング的な意味合いでの関わりとお考えください
  • 学習の枠で、もっとも重要となる視点は特別支援教育です。すべての子を対象とし、個別なニーズを把握していくことでその子にあった学習を提供していきます。とくに応用行動分析的な視点を取り入れることで効果的な支援を取り入れていきます。また、きっちりとした学習だけというよりは、時にはipadを使って勉強をしたり、お話しや雑談、ゲームをしながら負担なく柔軟に勉強をする環境をつくり出していきます。初期段階では苦手科目の克服および得意科目の向上のサポートをし、自信を高め、自己肯定感を育んでいきます。のちに、関心のある分野を見つけ出すサポートをしていきます。場合により、情報の活用やパソコンを用いた作業といった社会に出て役立つ分野を学ぶ機会を取り入れるなど柔軟に対応していきます。
  • スクールソーシャルワークでは、学校では手がまわらない部分をココリスでサポートしていきます。学校や他機関と連携・仲介していくことで、子どもの理解を包括的かつ多面的に理解できるサポート体制を構築していきます。具体的には、学校では相談しにくい内容の理解、こどもと保護者、学校との関係性作り、および学習のサポートなど。※保護者同意のもと行います。

【ココリスの特徴】

  • 教育とメンタルケアの統合による将来の自立を見据えた学習支援(特別支援教育)です。
  • 応用行動分析(ABA)を取り入れた教育の実践。
  • 複数の教師が一人の子に関わることで、お子様の特徴を多面的に理解し、よりよい学びを提供します。
  • 専門性の高い講師が担当。
  • スクールソーシャルワークにより学校、他機関との連携および仲介が可能。
  • 無理のない時間の設定が可能。午前でも午後でも学習が可能。
  • 急な体調不良等は、延期等で対応可能。
  • 困ったときにいつでも相談が可能。(電話およびメール)

先頭へ戻る